更年期障害なんて、女がかかるものでしょ。男の俺には関係ないからなんて思っている男性って、意外と、多いようですね。確かに昔は、「更年期障害は女性にしかないの症状」なんて言われていたかも知れません。でも、最近では、「男性にも更年期障害はある」ことが広く知られるようになってきましたね。この男性の更年期障害は、女性と同じようにホルモンの分泌量が低下していく事が原因で起こるんですね。男性ともなると、45歳ぐらいから緩やかに男性ホルモンの分泌が減っていきます。女性のように、閉経を機に一気に女性ホルモンの変化が起こる訳ではなく、男性ともなると緩やかに変化していく為に、自分が更年期障害だとはなかなか気付かないだと言えますね。 男性の更年期障害の症状としては、 ・イライラしてしまう ・疲れやすい ・眠れない ・動悸、めまい、のぼせ ・無気力感 等があげられるのです。男性の更年期障害の症状が表れてくる年齢は、社会的にも家庭的にもストレスが溜まり易い年齢でもあるため、時にうつ病と間違われてしまうケースも多いでしょうね。倦怠感を覚えた場合には単にストレスだと片付けてしまわず、症状が悪化しないうちに早急に医師の診断を仰ぐ事が重要です。女性ならば婦人科を受診しますが、男性ともなればまず心療内科や内科を受診して下さい。検査の結果、それでも改善されないようであれば神経精神科を受診します。ちかごろでは、泌尿器科に「男性更年期外来」が設置された病院も増えてきているんですよー